top of page

サロン運営で一番嬉しい事

私は愛知県でスポーツアロマスクールをしていますが、大阪でサロンもしています。

今日は資格をお取りになったその先をイメージして頂きたくて私のサロンのお話。

鍼灸の資格を取った時も、資格取得後母校でのスポーツアロマ資格取得認定校の主催が決まっていたので資格取得が目標ではなくそのちょっと先が目標となっていて、その点は大変でしたが良かった事なので。スポーツアロマスクール イアモーラの生徒さんにも、資格取得だけでなくその先のご活躍を想像して頂きたくて。

私のサロンにはアスリートから会社経営者まで幅広い層の方が来てくださっていますが、共通して言えるのはその人の健康をサポートする事で結果夢や仕事を応援できると言う事。

どんなお立場の方でも私の目の前にいらっしゃる時はただの人。

ですから敬意はあっても特段何か対応を変えるという事はありません。

年末年始の時期になると、「来年もよろしくお願いします」「今年も1年よろしくお願いします」

と一年分の感謝をお伝えくださる方が多く、非常に身の引き締まる思いです。

そういえば修学旅行のお土産を買って来てくれた学生アスリートも印象に強く残っています。

決して多くないであろう持っていけるお小遣いの中からわざわざ私の分まで。と思うと嬉しくて写真を撮った事を今でも覚えています。

そういえば、この仕事をしてからプレゼントや手土産に食べ物ももちろん送りますが、特にサロンき来て頂いている方には、ボディケアに役立つものをお渡しする事が多くなりました。

「この人は冷え性だから、出張にも持って行きやすい個包装の入浴剤を差し上げよう。」とか「慢性的に肩がいつも辛いとおっしゃっているから首や肩に使いやすいタイプのアロマを使ったケア商品を差し上げよう」とか、その人のライフスタイルやお身体の状態などをお伺いするので、

美味しいものを。というようなプレゼントより、少しでも日常で取り入れるものを。と考えが変わったのもサロン運営をしていて気づいた事です。

薄利多売の、もしくは大々的に広告を出して。のようなやり方をしてこなかったのはこのようにお客様一人一人に向き合うスタイルの働き方をしたいと考えての事でしたが、中々サロンをしていく上で悩ましい事かもしれません。

たくさんの人に来て頂かないと当然、お金の部分でやっていけなくなります。

それを見越して最初から声をかけて頂けるお仕事はできるだけ後先考えず伺った事も大事な財産です。

少し話がズレましたが、目の前のクライアントの夢を支える。そして毎日ありがとうと笑顔を頂ける。これは本当にこの仕事をしていて良かったと思う事です。

せっかく、スポーツアロマトレーナー、アロマセラピストとなるのですから、皆さんの優しさやエールをその手と技術から伝えて頂けるようにと心の中で願いながら、ご指導をさせて頂いております。

誰もが初めは初心者!最初はスポーツアロマトレーナーの内容の濃さに驚かれる方も多いですが、これをどうやって使うのか。を経験を元にお話ししていきます。

是非、無料説明会のお申込みをお待ちしております。

スポーツアロマサロン



Comments


  • ライン
  • Instagram
bottom of page