top of page

アロマセラピーでの失敗談

インターネットでアロマについて検索をするとアロマセラピーでの失敗談のような話はあまり目にしません。もちろん特に日本ではアロマといえばリラックスや美容でのシーンで使う事の方が多く、当然失敗や事故などはその使い方から無いに等しいでしょう。

ですが様々な分野でのアロマセラピーの広がりをわくわくしながら見ていると、当然驚くような使い方を紹介している方々もいます。

よく私の授業では醤油で重篤な病気になったり健康被害を聞いた事もなく、毎日のように調味料として私達は使用しますが、その醤油ですら、一升瓶を一気飲みすると重篤な状態になる場合もあるのと一緒でなんでも、使い方と使う量によります。とお伝えしています。

アロマも同じで大体一般に知られているような使い方で健康を害する事はまず無いかと思いますが、1回でアロマの小瓶を1本使用してしまうような量や、原液で使用する等の禁忌とされている事をしてしまうと、思ってもみない状態になってしまいます。

特に日本では「飲用」は認められていませんし、原液の使用もアロマセラピーを上級レベルまで学んだ方であっても安易に使用する事はお勧めしません。

よくこの手の話になると「海外では~」という方がいますが、確かに海外の一部の国では、そのような使用をするところがありますが、薬剤師さんや医師などが補完代替療法として指導し、使用されています。

1つの文章の中から1言だけを抜粋した情報は切り取り記事と同じです。充分気をつけましょう。少し重い話になりましたが、普通に常識を逸脱しないようなアロマの使い方は私達にたくさんの恩恵を与えてくれます。

さて、ここで2例どんなアロマセラピーでの失敗談があったかお伝えしますね。

オイル

1.アトピー症状のかゆみが酷く、お肌に傷がたくさんある方がラベンダーオイルを原液で塗っていた

これは接骨院勤務時代のお話しです。私がアロマを始めた頃、今こういう勉強をしているんです。という雑談をしていた際、その方のお姉さまが同じようにアロマが好きで勉強しているとのお話しで盛り上がりました。そこで、比較的安易に精油の話をして、どの精油を使ったりしてますか?と質問したら、ラベンダーと教えてもらいその時の会話は終わりました。

私はお姉さまがアロマの勉強をしていると仰っていたので、アトピーの事などにもさほど触れず、何よりその使用方法も聞かず、とても簡単に「いいですね」と言ってしまったのです。

ところが数日経ってまた来られたその人は治療が終わったらお手洗いに行かれました。お一人はいったら軽く汚れ等がないかチェックするところでしたので、何気なくトイレのドアを開けたらとてもきついラベンダーの香りが。

ここで、あれ?こんな強い香りするかなぁ?と思ってその人にお手洗いでアロマ落としたりしました?と聞いたところ、「いや、リラックスして血行がよくなったらアトピーの痒みが気になったので、ラベンダーの精油を手にとって直接痒い所に塗ったんです」と。

びっくりしました。確かにラベンダーやカモミールはアトピーの痒みなどにもいいと書かれている書物もありますが、彼女はたくさん皮膚から血が出ている状態の人でした。

同じアトピーといっても使い方と、どのような状態の時は使用不可か。までは理解せず、○○にいい。という言葉だけをお姉さまが見てラベンダーの精油をプレゼントしたのでしょう。妹さんの為にしたことでも、結果お肌は赤く炎症していましたので、次回からは原液の使用と、血がでている箇所には使用しない事をお伝えしましたが、直接私の失敗ではないですが、もう少し具体的にお話しを聞いていれば、もっと早くに助言ができたかもしれないと思うと、なんだかとても残念な気分になったことを覚えています。

2.サンダルでできた傷に原液でラベンダーオイルを使用した

これは私の話です(笑)1の話から2~3年経過していました。1の方は赤くなっていたくらいなのですが、やはりあたり前のようにアロマを教える方や愛好家の方が精油はちょっとした傷等に原液で利用できる、と言っていたので、自分でも確かめたくなり(好奇心旺盛です笑)夏に足の甲のところに金具がついたサンダルを履いていたらその金具が当たって、皮膚がえぐれてしまった場所ができました。(擦り傷レベルを超えた傷)

とっても痛かったので消毒だけして、保護してなおせばよかったのですが、ラベンダーを数滴患部に原液で垂らして様子を見てみました。

結果は、当たり前ですがさらに炎症し、痛みも強く熱感も出て来て、傷跡も長い間残ってしまいました。これは自分で、自分にしたことなので自己責任ですし、いまでは笑い話としてよくお伝えしますが、過信してはいけないという事とアロマはアロマの域を越えない事をしっかりと学びました。

ご覧になってくださった方はばかだなぁ。と笑っていらっしゃるかもしれませんが、皆さんも私の失敗を見て、決してマネせず安全にアロマを楽しんでくださいね。


最新記事

すべて表示
bottom of page